朱に交われば赤くなるとは?

 漢王朝末期、雲南省に蓬笙拳と呼ばれる拳があった。 系統としては立ち技を主体とした、現在の空手に似た拳法だったらしい。 この蓬笙拳を極めたと言うのが朱珀芹で、その強さは素手で虎をも倒すと言われた。 そこで中国全土から腕に自信のある拳法家達が集まり、朱珀芹へ挑戦する者が後を絶たなかった。
 だが朱珀芹は強力無比で、特に手刀の切れ味は凄まじく、 彼と拳を交えたものは真っ赤な鮮血にまみれたと言う。 まさに朱に交われば赤くなると言い伝えられた。 そして挑戦者達は赤く染まった胴着で頭を地面に擦りつけ、命乞いをしたほどであった。 それでも心が広く優しい事でも有名だった朱珀芹は、 道場破りとして来た者でさえも門下生として迎え入れたと言う。

 この故事から、人が回りの環境に同化されてしまうことを 『朱に交われば赤くなる』というようになった。


民明書房刊『赤い光弾・慈李音』より
初版発行2000年12月18日


<|タイトルへ戻る ≪|トップへ戻る