白を切るとは?

 江戸時代の頃、数多くの剣術の中で、ひときわ名高かったのが曽寛流剣術である。 当時師範だったのが白伴郭(しら・はんかく)で、彼は町の奉行所へ教授に出向くほどであった。 この時、町奉行だった佐々川宗明も彼に剣術を習っていた。
 ある時、奉行所に出向いた白伴郭は、 偶然にも佐々川宗明が賄賂を受け取るのを目撃してしまった。 正義感の強い白伴郭はこれを老中に進言し、 佐々川宗明は早々と呼び出されることになった。
 佐々川宗明は老中の前で知らぬ振りをしたものの、 白伴郭は目撃したことを言い張って退(ひ)こうとしない。 佐々川宗明は彼の頑固ぶりにこれ以上ウソを通せないとみて、 その場で白伴郭を切り捨てて知らぬ振りを通したという。
 しかし師範の死を不信に思った弟子達により、佐々川宗明の身辺が洗われ、やがて不正は暴かれた。

 この故事から知らない振りをすることを『白を切る』と言うようになった。


民明書房刊『激化の剣士』より
初版発行2001年1月26日


<|タイトルへ戻る ≪|トップへ戻る