ピンからキリまでとは?

 アフリカ西部と言えば エチオピア高原を始め高地として有名である。 そのため登山家として心目指す者も少なくない。
 アフリカで最も低い山は ピンナナゴブゥ山であり アフリカで一番高い山といえば キリマンジャロ山である。
 そして登山家の間で全ての山を指す言葉として、 小さな山から大きな山までという意味から、 『ピンナナゴブゥ山からキリマンジャロ山まで』という言葉を用いるようになった。 これが後に登山家以外の一般人に使われるようになり、全てのものを意味する言葉になったという。

 ちなみにピンナナゴブゥ山は小さな山であったため、 現在では都市開発で崩されてしまったが、 この『ピンナナゴブゥ山からキリマンジャロ山まで』という言葉に残っている。

 なお日本語は何でも省略して縮めてしまう風潮があり、 『ピンナナゴブゥ山からキリマンジャロ山まで』とは長すぎるので 『ピンからキリまで』『ピンキリ』と短縮されて使用されているようだ。


民明書房刊『アフリカ〜その大自然を行く』より
初版発行2000年11月16日


<|タイトルへ戻る ≪|トップへ戻る