堂々巡りとは?

 昔、現在の中国雲南省に二人の拳法の達人がいた。 一人の名は堂高、もう一人の名は堂虎といい、どちらも天下敵無しと言われてほどである。 しかし両名とも苗字が「堂」であったことから、お互いに意識しあい、 また人々もどちらの堂が強いかと噂するようになった。 そして双方ともに拳法家であった事から堂と堂は拳法で勝負することになり、雌雄を決することになった。
 しかし勝負は三日に渡ったものの、両者共に譲らず、決着はつかなかった。 そしてこれ以降も両者の争いは続いたという。
 そのため勝負がつかない、いつまでも同じ事を繰り返すことを堂々巡りというようになった。

 また今でも「堂に入る」という表現があるが、これはこの堂高・堂虎が拳法の達人であったことに由来し、 物事に優れていること、身に着いてることを意味する。


民明書房刊『武道達人逸話集』より
初版発行1999年2月19日


<|タイトルへ戻る ≪|トップへ戻る