<|Return to Main Page ≪|Return to Top Page


特設ページ

白秋祭 3、トレジャーフェスタ in AKIBAレポート

2010年6月20日(日)に秋葉原の 損保会館にて 白秋祭 3が、 秋葉原UDXにて、 トレジャーフェスタ in AKIBA(略してトレフェス)が開催されました。

白秋祭は今回が3回目となる、フィギュアやドールのような造型ものが中心の即売会イベントで、 イベント規模がコミケでいう島一つという小さなイベントです。 開催場所は秋葉原駅から徒歩5分ぐらいの、やや御茶ノ水に寄った所にある損保会館。
トレフェスとはガレージキット(略してガレキ)を中心とした即売会イベントで、 開催はフィギュアメーカーのグリフォンエンタープライズ。 これまで東京ビックサイトなどで開催していましたが、今回は規模を縮小しての開催で、 いつも出展している中古トイショップなどがいませんでした。

損保会館から秋葉原UDXまでは徒歩5分程度の距離なので、梯子して行って来ましたので、 纏めてレポートします。

白秋祭もトレフェスも開場時間は11:00。 どちらを先に行こうか直前まで迷っていたんですが、 白秋祭で買い物予定があったのでまず白秋祭へ。
上にも書きましたが、白秋祭はコミケで言う島1つ分のブースしかない、こじんまりとしたイベントです。
ですが、今年は 前回前々回 に比べて人が少なかったです。 ブースも前々回は30、前回は25でしたが、今回は15。 同傾向のトレフェスが同日開催になったため、 ガレキディーラーはそちらに行ってしまったのでしょうか?
会場に着いたのは開場して数分経ったくらいでしたが、 ディーラー側の人数と一般来場者の人数が同じぐらいでした。 正直なところ、イベント開催中なのか疑ってしまうほどの過疎ぶり。 参加ディーラーだけでなく、来場者も過去最低になってしまったかも知れません。
やはり一般来場者もトレフェスに向かった人が多かったんでしょうね。
ネット上で聞いても開催を知らない人が多かったので、 開催告知が少なかったこともあるでしょう。
逆に買物は問題なく終了(笑)。 写真撮影もしましたが、30分も掛からずに回り終えてしまいました。
その後、私が入り浸っている(?)掲示板のオフ会がありましたが (白秋祭の主目的はこのオフ会の参加(笑))、 トレフェスがあるのでオフ会へは顔だけ出して一旦離脱。
12時ぐらいにトレフェスへ移動しました。

いつもより規模が小さいですし、開場してから1時間も経ってますから、 空いてるかと思いきや、かなりの混雑。 人数が多いというより、普段のビッグサイトでの開催より通路が狭くなっていたため、 混雑していたんですね。
今回はトイ系ショップの出展は無く、ガレキディーラーかドールディーラーばかりで200ブースちょっと。 いつものトレフェスでは500ブースぐらいあるので半分程度の規模でした。
混雑してることもあって、写真撮影は13時まで禁止になってました。 ドール系ディーラーはいくつか来ていたので見ていましたが、 白秋祭のオフ会もあるので、13時になったら即撮影開始です。
会場が狭い上に時間も無いので、 ひとまず先月のトレフェスとラインナップが変わらないディーラーはスルー。 また人が多くてすぐ撮影できないところはスルーしていたのですが、 会場が狭いので2人でも撮影者がいるとブース前はいっぱいになってしまいます。 そうするとすぐに回りきってしまうので、 先月写真を撮ったところでも、すぐに撮影できそうなところは写真を撮ってきました。

見ていて増えたなと思ったのは ラブプラス化物語 ですかね。 とある魔術/科学の禁書目録/超電磁砲も多目。
逆に思ったほど無かったのが一騎当千です。 けいおん!はそろそろ落ち着いてきました。
根強いのは エヴァ、なのは。 両方とも映画の影響があるのでしょう。
ギャルゲー系はバラけて目立ったものはありませんが、 To Heartシリーズは相変わらずの人気。 恋姫無双シリーズジブリールシリーズなども安定した人気になってきましたか。
またトレフェスでは 東方プロジェクト が多いようで、今回も目立ちました。
あとアキバという場所柄か、メカやクリエーチャーは少なく、美少女フィギュアが目立ちました。 もともと多いジャンルですが、今回はその比率がやたら高く見えました。
駅に近く、一般人(?)が多いことを見込んでか、エロフィギュアも少なく、あっても露出は控えめ(笑)
当レポートではエロフィギュアの紹介が多目で、 毎回楽しみにされているかたも多いようですが、 残念ながら今回は少ないです。

会場が狭いだけあって、 いつもなら数ブースで出展するディーラーも今回は1〜2ブースしかなく、 普段10体ぐらい並べている所も数体しか並べていませんでした。
秋葉原駅前という立地条件はいいんですが、とにかく会場が狭かったですね。 入口と出口を一方通行にする、企業ディーラーの展示を会場外にするなど運営側は工夫しているようですが、 UDXという会場は厳しいと思います。

14時半ぐらいにはトレフェスを後にして、白秋祭へ戻りました。
会場が近いとは言え、写真撮影がメインのイベントの梯子は疲れましたよ。

では画像紹介ページです。 いつものことですが、紹介し切れないディーラーさんもあるので御了承下さい。
不都合や間違いがある場合は御指摘下さい、すぐに対応いたします。
またディーラー名は基本的に、ガイドブック記載の名称を使っています。
撮影許可を下さった各ディーラーの方々に、厚くお礼を申し上げます。
※画像ファイルばかりで非常に重いページです。 ナローバンドの方々はブラウザのフリーズに気をつけて下さい。

白秋祭→ Page 1 Page 2 Page 3
トレフェス→ Page 1 Page 2 Page 3 Page 4 Page 5 Page 6 Page 7 Page 8 Page 9 Page 10(Adult)

ページ内で使用している画像などのデータは、個人的に楽しむ以外の複製は固くお断り致します。
また画像の直リンクはやめて下さい。

今回使用のカメラも、 ニコンのD5000。 今年の初めに買いましたが、 今回の撮影でトータル撮影枚数が10,000枚を超えました。
使い始めてまだ半年ですが、今回のような時間が無い時にはオートフォーカスの速さが有り難いですね。 これまでのコンデジだと数秒かかったものが、1〜2秒で撮れますから早い早い。 フラッシュのチャージがあるので、これ以上はスピードを上げられませんが、それでもコンデジには戻れません(笑)
撮影枚数は白秋祭は111枚、トレフェスでは950枚。 そこからそれぞれ70枚、342枚をピックアップ。 ディーラー数は11と46になります。 白秋祭は余裕でしたが、トレフェスは会場が混んでいて思ったほど撮れませんでした。

次回のイベントは7月25日のワンフェスになりますね。 同日に都内でドールイベントがありそっちも捨て難いんですが、ワンフェス優先で千葉に行ってきます。 ホビー系イベントでは最大手のためこちらの撮影枚数も半端じゃなく、 レポートのアップには数日かかると思います。


制作:Gilice(ギリス)
E-mail: