<|Return to Main Page ≪|Return to Top Page


特設ページ

ワールドホビーフェスティバル有明18FINALレポート

2008年5月5日に東京ビッグサイトにて、 ワールドホビーフェスティバル(通称:ワーホビ/以下:WHF)有明18 FINALが開催されました。 これまで何回もレポートしていますが、WHFとはガレージキット(以下ガレキ)や中古トイなどの即売会イベントです。 そしてイベント名に“FINAL”とつくように、今回が最後のWHFとなりました。
春ごろまでは、今年秋までWHFの予定が立っていたのですが、初夏になっていきなりの終了宣言があり、このWHF有明18が最後。 この後に予定されていた夏の神戸や横浜の開催は中止になってしまいました。

これが最後とは言っても、特別な趣向はなく、イベント自体はいつもの終始マッタリムードでした。 しいていえば、ディーラー側で「さよならWHF特価」としていたところがチラホラあったぐらいです。

私が会場に到着したのは開場20分前の10:40ぐらい。 そこから並んで入場できたのは11:10だったので、 入場者数はいつもと同じぐらいですかね。
いつもと同じとは言っても、“いつものWHF有明と同じ”という意味で、 WHFの中で有明が一番入場者数がありますから、 地方に比べれば非常に多かったです。
去年の5月5日にもWHF有明があったのですが、この時は11時に来て20分で入場しましたからね。 それと同じぐらいでしょうか。
おととしの5月5日にあったWHF有明は入場パンフレットが売り切れたぐらいですが、 今回は売り切れなかったようですし。
(パンフレットの発行部数が増えただけでしょうけど)

さて私がこのところ、こういったホビー系イベントで買うのはドール関係のディーラーです。 入場するとひとまずドール系ブースへ。 WHF規模だと数えるぐらいしかブース数はないので、すぐに見終わってしまいましたが、2点ほど買い物。
それから来れなかった友人らの頼まれ物を買い物し、今回の買い物は終了。

12時から撮影時間になったので、写真を撮って回りました。
回ってみて目立ったモチーフは初音ミク、鏡音リン・レンのボーカロイドですかね。 あとグレンラガンのヨーコも多かったです。
逆にハルヒらきすたの勢いが無くなった気がしました。
FateシリーズなどのTYPE-MOONやTo Heartなのは一騎当千は定番ですね。
他にギャルゲーでは超昂閃忍ハルカがぼちぼち出てきましたが、 FAリトバスが思ったほど無かったです。

予想外に多いと感じたのは武装神姫関係ですね。 神姫用の追加武器とか武装神姫をモチーフにした独自のキットとか、 さまざまなアプローチがありました。
それとモンハンもちょこちょこ見かけました。 そしてブース内でモンハンをしているディーラーさんもあちこちで見掛けました(笑)

今回は最後のWHFということもあって、 閉場まで残っていたディーラーさんが多かったですね。 翌日が休日ということもあったのでしょうが、 いつもより残っていた人が多かった気がします。

閉場宣言の後、簡単な挨拶がありましたが、 開催中にかかっていたBGMがそのまま閉場後も流れ続けていたので、 個人的にはしんみりした気分にはなりませんでしたよ。
私が出た時にかかっていたのは『特警ウィンスペクター』でしたし(笑)

では画像紹介ページです。紹介し切れないディーラーさんもあるので御了承下さい。
不都合や間違いがある場合は御指摘下さい、すぐに対応いたします。
またディーラー名は基本的に、カタログ記載の名称を使っています。
そのため委託などで画像がディーラー名と違ったり、 他のイベントと表記が違ったり(カタカナ←→アルファベットなど) するところもあると思います。
撮影許可を下さった各ディーラーの方々に、厚くお礼を申し上げます。
※画像ファイルばかりで非常に重いページです。 ナローバンドの方々はお気をつけ下さい。

Page 1 Page 2 Page 3 Page 4 Page 5 Page 6 Page 7 Page 8 Page 9 Page 10 Page 11 Page 12 Page 13 Page 14 Page 15 Page 16 Page 17(Adult) Page 18(Adult) Page 19(Adult) Page 20(Adult) ★掲示板(リクエスト、感想などをどうぞ)

ページ内で使用している画像などのデータは、個人的に楽しむ以外の複製は固くお断り致します。
また画像の直リンクはやめて下さい。



今回の撮影に使ったデジカメは相変わらずの富士フィルム製FinePixF30です。 後継機種のFinePix100fdがなかなか良さげですが、まだ様子見。 買い替えるとしても夏のワンフェスに間に合うかどうかという時期になると思います。

そして今回の撮影枚数は2,162枚、 先月のホビコンではドールイベントに寄ってから来たため1,000枚程度しか撮れませんでしたが、倍ですね。 普通に撮れば(?)これぐらいの枚数はいくということです。 そこから532枚ほどセレクトしてアップしました。
掲載ディーラー数は74、これも先月のホビコンの倍です。

撮影はホビコンなどで過去に撮影済みの所はスルーし、新作を中心に撮ったつもりですが、 さすがに1ヶ月の間に新作があるところは少ないようで、 途中から旧作でも撮るように切り替えました。
おかげで撮影に時間がかかり、全部を回りきることは出来ませんでしたね。
(お昼前の買い物時には一通り見回ったんですが)
私はブースに人が多いうちは撮らないことが多いので、 そのまま撮影できずに終わった所も数多くあります。 最後のWHFなので出来るだけ多くの写真を撮りたかったのですが、これについては少々心残り。

なお過去に撮影済のキットの写真は、全身像とバストアップの写真を載せてみました。
過去分のレポートは こちらのページでディーラー一覧として纏めていますので御覧下さい。


ところでWHF終了の理由について、 ネット上では様々な噂が流れていますが、最近の来場者数の伸び悩みが原因でしょうかねぇ。 昨年末の有明では串田アキラのミニライブまで行ったというのに、 思うほど集客効果が無かったのでしょうか?

今回のパンフレットにWHF開催の履歴が載っていたんですが、初回は1999年11月の神戸。 それから丁度10年、各地の開催を通して今回が77回目だったそうで、平均年8回というハイペースの開催でした。
10年を機に見切りをつけてしまったのしょうが、 10年の歴史があるのに勿体無いなぁ、とも思います。
逆に言えば、10年でスタッフが高齢化(?)してしまったのもあるでしょう。 3年ぐらい前に10年以上続いた同人誌即売会イベントが終了したのですが、 こちらもスタッフの高齢化が原因だったそうです。

サイト内にはアップしていませんが、私がWHFで写真を撮り始めたのは2002年11月10日のWHF横浜10からです。 レポートとしてアップし始めたのは2005年5月5日のWHF有明12ですから、丁度3年になります。

私は埼玉在住ですが、有明、横浜はなるべく出かけ、時には神戸や名古屋まで遠征したものです。 今回でWHFは12回目のレポートですから、長い付き合いですね。

買い手としても「ワンフェスで買い逃したり売切れたりしたキットも、WHFなら何とか買える」と言われてましたし、 ディーラーの方々も5〜6,000円という気軽に出せる卓代が良かったのではないでしょうか?
(ワンフェスはこの4〜5倍したハズ)
見て回るにしてもWHF規模の卓数がいいんですよね(特にWHF有明ぐらい)。 ワンフェス規模になると全部見るのは実質不可能、 買い物をするのも人気ディーラーは取捨選択しないと買い物できない(売切れてしまう)ので大き過ぎるんですよ。
いろんな意味で居心地のいいイベントだったと思います。

10年間お疲れ様でした>WHFスタッフ

WHFの後継イベントは特になく、完全終了のようです。
ホビコンが実質的な後継イベントになりそうですが、開催数は今のところWHFに及びそうに無いです。
これで名古屋と横浜でのホビー系イベントは無くなってしまうのも寂しいですね。


次のイベント参加予定ですが、WHFが無くなってしまうと夏のワンフェスまで予定が無いんですよね。 6,7月がまったく空白になってしまうので、 これを機会にクリカニやWCCにでも行って見ますかね?


制作:Gilice(ギリス)
E-mail: