<|Return to Main Page ≪|Return to Top Page


特設ページ

ワールドホビーフェスティバル名古屋6レポート

2006年4月2日、 ワールドホビーフェスティバル(通称:ワーホビ/以下:WHF)名古屋6へ行ってきました。 今まで何回かレポートを作成しましたので説明不要でしょうけど、 WHFとはガレージキット・中古トイなどのホビー系即売会イベントです。 この手のイベントで最大手はワンダーフェスティバル(以下ワンフェス)で、 ワンフェスは通常夏と冬の年2回、東京ビッグサイトで開催されますが、 WHFは東京ビッグサイトの他に神戸や名古屋でも開催されます。 (というか、WHFは神戸がメインのようです) 以前は横浜でも開催されたのですが、最近はないようですね。

私は埼玉人なのでWHF有明(東京)とWHF横浜へは行ってたんですが、 西日本のWHFへはまず行きません。 ですが 去年の秋のWHF神戸へ行った 勢いで(?)、WHF名古屋へ初めて行ってきました。
とは言っても、特に欲しいものがあるわけでもなく、 完全に勢いだけの状況です。 私は以前からカプセルトーイ(いわゆるガシャガシャ・ガチャポン)や ブラインドボックスフィギュア(トレーディングフィギュア)を 集めていましたが、今回は特に欲しいものもありません。 ただ最近はドールにハマってるので、何かあったら買いたいなーというぐらいでした。

ちなみに昔は仕事でちょくちょく名古屋へ行ってましたが、 完全な私用は今回が初めてです。

今回のWHF名古屋の開催時間は12:00〜17:30と、 通常より1時間遅くシフトしていました。 そこで9時半ぐらいに東京駅から新幹線に乗って現地へ。 12:00丁度ぐらいに会場の名古屋国際展示場へ着きました。 が、入場待機列が結構な長さになっていました。 規模的にはWHF神戸より小さいはずなんですが、何でだろうと思ったら 列が2列だったんですよ。こりゃあ長くなるはずです。 そして12:00に開場したんですが、列がなかなか進みません。 2列だったらそれなりのスピードで進むかと思ったんですが、 会場入り口がドア1つ分しか開けておらず、 入り口で1列になっていました。 なるほど、行列が2列だったのはこういうわけでしたか。 それで、私が入れたのは12:30近くになっていました。

ひとまず 友人の電脳けんたろー氏 に頼まれた ムサシヤウェディング音夢を査収。 ムサシヤは一般店舗販売もしている大手ですが、普段から行列は出来ないので、 特に急がずに行ったところ、やはり行列もなくすぐに買えました。 これで今回のミッションはコンプリートになったので、 撮影開始時間まで会場内をぐるりと見回り。

規模的にはWHF神戸より少なく、WHF横浜と同じぐらいでしょうか? やはり東京と名古屋では参加面子が違うらしく、 初見のディーラー名もありました。
ワンフェスでは複数のブースをとるようなディーラーが、 1ブースでこじんまりと出展していたりして、 雰囲気が違うなーという感じです。

また上記のように、ドール系の出物を探しにきたんですが、 ほとんどありませんでした。 ドールヘッドは片手で数えるぐらい、衣装に関しては皆無という状態で、 ガレキ・トーイディーラーがほとんど。 神戸や有明でもドールディーラーはいくつかあるんですが、 東京のイベントではドール物を出すとこも、 名古屋へは(少なくとも今回は)持ってきてないようでした。

会場内を見て回っているとマックスファクトリーブースで、 先日の 冬のワンフェスで買い損ねた みずほ先生(おねたらコレクション限定BOX)を売っているのを発見。 当初、行列が全くないので、売り切れたのかと思っていましたが、 すんなり買えてしまいました。 ワンフェス直後はオークションで数倍の値段がついたので (今では2〜3倍に落ち着いたようですが) 今になって定価で買えて満足。 まぁ旬が過ぎただけでしょうが、個人的に欲しかったので無問題です。 マックスファクトリーのhpでも告知がなく、 全くノーチェックだったので これだけで名古屋へ来た甲斐があったかも知れません(笑)

そして開場後1時間を過ぎた13時から撮影開始。 WHFは開場後1時間は撮影禁止なんですよね。

ブース数も少ないし、 頑張れば全ブースを撮って回れるなーと思っていたんですが、 逆に1ブース当たりの撮影に時間をかけてしまい、 やはりいつものごとく、全ブースを撮影するのは無理でした。 1ブースで1枚しか撮らなかったことろはなく、 必ず2枚以上撮っていたのも敗因ですが、 ディーラーの撤収が予想外に早かったのです。
17:30が閉場だったんですが、15時を回ると片付けるところも多く、 16:30には半分以上が帰ってしまったようです。 開始時間が1時間遅い割りに、撤収時間は普段と同じ、という感じですか? つまり撮影時間が1時間少ないという…orz

でもまぁ頼まれたものも買えたし、自分の買い物も出来たし、 残っているところは撮影を終えていたので、 16:30には会場を後にしました。
ちなみにそのまま大須まで行き、ボークスを覗いて帰りました。


では画像紹介ページです。 いつものことですが、紹介し切れないディーラーさんもあるので御了承下さい。
不都合や間違いがある場合は御指摘下さい、すぐに対応いたします。
またディーラー名は基本的に、公式カタログ記載の名称を使っています。
委託などで画像がディーラー名と違うところもあると思いますが御了承下さい。
撮影許可を下さった各ディーラーの方々に、厚くお礼を申し上げます。
※画像ファイルばかりで非常に重いページです。 ナローバンドの方々はお気をつけ下さい。

Page 1 Page 2 Page 3 Page 4 Page 5 Page 6 Page 7 Page 8 Page 9 Page 10(Adult) Page 11(Adult)

ページ内で使用している画像などのデータは、個人的に楽しむ以外の複製は固くお断り致します。
また画像の直リンクはやめて下さい。

今回もアンケートを作ったのでお声を聞かせてください。 (簡単なもので30秒程度で終わります。お時間がありましたら御意見願います)
今回は冬のワンフェスのアンケートで頂いた意見を参考に、行動したつもりです。

さて、今回撮影体制は、いつものFinePixF10のみで行きました。 先日のワンフェスで撮り捲った結果、約3GB程度で収まったので、 1GBを買い足し、 1GB×3+512MB=3.5GBのメモリーを用意。 xDピクチャーカードをこれだけ用意するのもフトコロが痛かったのですが、 ワンフェスを超える撮影量はまずありえないでしょうから、 3.5GBが撮影枚数の限界だろうと思い、買ってきました。 また予備バッテリーも用意。 COOLPIX3100は完全に決別(?)しました。

それでも今回の撮影枚数は約1100枚、画像容量は3GBを越えましたワンフェスよりも圧倒的に少ないブース数なのに、匹敵する撮影枚数は何なんですかね?(笑) 撮影時間が1時間少ないと上に書きましたが、フルに撮影していたら容量が足りなかったかも知れません。 それにその1時間短いために、予備バッテリーは使わずじまい。 バッテリーが赤ランプになっていたので、プラス1時間あったら確実に使っていたところです。

また冬のワンフェスアンケートで 「フラッシュを焚かない自然光での写真」を希望する人が多かったので、 今回はほとんどフラッシュを焚かずに撮影しました。 ISO感度の手動調整が出来ず、自動で高感度モードになってしまうため 少々(かなり?)画像が汚いなと思うんですがどうでしょう?


最後に名古屋へのタイムテーブルでも個人的な備忘録として書いておきます。

まず自宅(埼玉)から 通勤範囲のJR池袋駅まで (8:10→9:00 50分程度)
池袋駅から山手線で東京駅(9:00→9:30 30分程度)
東京から新幹線で名古屋 (9:30→11:30 110分程度)
名古屋からJR東海道線で金山駅 (11:30→11:40 5分程度)
金山駅から地下鉄で日比野駅 (11:45→11:50 5分程度)
日比野駅から歩いて5分程度で会場です (現地11:55着)
当たり前ですが神戸よりは近いですね。 飛行機より新幹線のほうがずっと楽ですよ。
会場の名古屋国際展示場は大学の説明会など、複数のイベントをやっていたようで、 向かう人が多く、迷わず着くことが出来ました。

以上、かかった交通費ですが(片道分)
自宅→池袋無し(通勤範囲)
池袋→東京0都内特別地域で新幹線の切符を利用
東京→名古屋10,050チケット屋で購入(正規料金は10,780円)
名古屋→金山0名古屋市内特別地域で新幹線の切符を利用
金山→日比野200

合計10,250円 (片道)
これでガレキ一体は買えると思うと、結構痛い金額ですね

最後に。月末の2006年4月30日にはWHF神戸があります。 前回のレポートで、次回の神戸へ行こう と思ってましたが、さすがに月2回の地方遠征は経済的に辛いです。 開港したばかりの神戸空港を見に行くのもありかと思ってましたが、 厳しいところ。 それに4月29日はドールショー、5月5日にはWHF有明とイベントが目白押しなのです。

ただ、神戸、有明とほぼ連続で開催されるとなると、 大手じゃない限りどちらか一方しか参加しないでしょう。 西日本を拠点とするディーラーは有明より神戸を選ぶでしょうから、 それを見に行くべきか考え中です。


制作:Gilice(ギリス)
E-mail: